【恋と嘘】1話感想と考察【科学の赤い糸※ネタバレ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ごきげんよう。模造紙です。

私は元々腐ったゴリゴリの女子でしたが、結婚して子供を持ち次第にソフトなオタクに変化したと自身では思っています。

ですが、漫画やアニメ鑑賞は変わらずずっと大好きで、新アニメは毎期ウキウキしながらチェックしています。

さて、昔に比べると地上波アニメも深夜枠が増えて、さらにはBSやCS、ネット配信もあってアニメの放送本数自体が非常に増加しましたよね。

勿論面白そうなアニメは全てチェックしたいのは山々ですが、家族の目とか物理的に視聴時間が取れないとか、HDDが未視聴アニメで埋め尽くされていくジレンマとか、まぁ色々ありまして、最近は某巨大掲示板で前評判と公式のキービジュアルである程度取捨選択するようになりました。

そんなアニメ視聴スタイルの私ですが、2017年夏アニメはボールルームと妖怪アパートと刀剣とバチカンとアルタイルはPVとキービジュアルを見て完走しそうに感じていて、他アニメは1話視聴して様子見(1話切りか視聴続行かを判断)しようかと思っていたら、すげー意外性のある作品がありまして!

こういう良い意味で予想の範疇外で続きが気になる作品に出会うと非常に嬉しいため、ネタバレ含みつつ感想と考察書いていきますね。

(お仕事執筆ではあんまりディスった内容は書けないので個人ブログでは毒舌な要素も入れつつ 笑)

「恋と嘘」テイストは少女と少年と青年が混ざってる?むず痒さがクセになる

恋と嘘 タイトル

生粋のオタクは多分こうにうアオイ春の臭いがきつい作品はリア充爆発しろや!!ってなるんだけど、私はこういう10代の子達が恋に支配されて暴走してわちゃわちゃしてる雰囲気が凄く好きで(決して馬鹿にしてるのではなく頑張ってる一生懸命さが好きなのだ)、時をかけてる物語とか昔からよくあるティーンズ系の青春小説は面白いしワクワクしながら見ています。

最近は携帯小説からの流れか、煽り文句のわりには薄っぺらく泣けない物語が量産されているが、「恋と嘘」も携帯小説と雰囲気は似ているものの題材が興味深く、女の子が非常に魅力的で可愛らしいため続きが気になってみたくなる要素がアニメ1話にギュッと濃縮されていたように思う。

「赤い糸」と言えば、私は子持ちのBBAなのでちょい前に昼ドラでやっていた「赤い糸の女が真っ先に思い浮かべてしまい、あまりに今観ている「恋と嘘」の青臭さとはかけ離れていて何だか申し訳なくなった。

とりあえず科学すげー!!! この一言に尽きます。

超・少子化対策基本法案「ゆかり法」が施行された現代パラレル日本

めちゃめちゃかいつまんでざっくり言うと

この国、ものっそい少子化で困ってるから自由恋愛は廃止しちゃって、科学の力で遺伝子レベルや生物学的に最良のパートナーを政府が選定しますから16歳になったら相手を通知するんで生涯の伴侶にして下さい
(決定事項)
法律ですので逆らっちゃだめ!

というもの。

自由恋愛怖い恋が難しいオタクには結構この制度、歓迎されるんじゃね?と思わなくもないですが、主人公は長年思い続けた片思いの相手がいて、16歳になる前に気持ちを伝えようと一念発起しちゃうわけなんですよね。

この片思いの相手がまた可愛い女子で、新学期始まってからひと月で2人から告白されたとか、他同級生との雑談している光景でも一際キラキラと可愛さが際立って、とにかくヒロイン感が半端ない。周りの女子はもはやモブである。

またCVの花澤さんの声も華を添えてるよね。

気持ちを伝えた結果、「私もずっと好きだった」

恋と嘘 根岸 美咲

実はヒロインのほうも好きだったという真実。

このあたり、めちゃめちゃむず痒い流れなんですが、恋の駆け引きとか一切なしにストレートに自分の想いを伝えられるのって若さの特権ですよね。

そしてちゃんと相手に伝わって気持ちが返ってくるという、

この世界で今いちばん幸せに違いないとかきっと思ってるんだろうなぁ……

世俗にまみれた汚いBBAにはまぶしい。

16歳の誕生日0時 運命の相手は?

恋と嘘 スマホ画面

恋と嘘 1話 高崎 美咲

スマホに届く決定通知。

表示された名前は隣に居る、たったいま相思相愛になった女の子の名前でした。

ですがこの後、スマホの電源が落ち、その場に書面の通知を持って現れた役所の人間によって、残酷とも言える宣告を受けることになります。

恋と嘘 1話 決定通知

妻になる人の欄に記載されていたのは、想いを寄せる相手ではなく知らない女の子の名前でした。

ゆかり法の疑問と今後の流れを予想

両想いかつ政府公認の相手ならこの世の春を謳歌するしかないだろう!…となりかけたた矢先、恋した相手とは結ばれず、偽物の相手と添い遂げることを突き付けられた主人公。

これなんの昼ドラ(笑)と思いかけましたが、両片想いも実は大好物なので今後はドラマチックな展開が繰広げられそうでワクワクします。

ゆかり法についても、離婚や死別の場合はどうなるのとか

そもそも人権無視だろうとか、伴侶を政府が決めるのなら幼少期や産まれた時点で決定事項として通達しておいたほうがトラブルは減るんじゃないの? とかいろいろ思うところはありますよね。

生まれた時から許嫁として伴侶が決まっているなら恋愛する気もおきないし、恋愛する概念もなくなると思うんだけども。

まぁ、そんな世界は退屈でどうしようもない気がするけどな。

しかし、ゆかり法が男女の結婚を統括するなら学校も共学にせずに年頃の男女に恋愛させないよう働きかけるべきなんじゃないの?

読み切り漫画や短編小説でもこういった感じの題材はあるけれど、長編漫画でアニメでワンクールやるなら設定はしっかりしたものが提示されると嬉しいなぁ。

とりあえず、第二のヒロイン(?)の真田さんという女の子が楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする